Cカード

Cカードってなに?

ダイビングを始めるにはCカードが必要になります。
Cカードとは、ダイビングの指導団体が発行する認定書になります。
またカードにはランクがあり、それぞれ認定されたレベルを証明するものになります。

NAUIスクーバダイバー認定証 NAUIアドバンススクーバダイバー認定証

指導団体とは?

世界には、NAUIやPADI、BSAC、CMAS、SSIといったたくさんの指導団体があります。この指導団体は、ダイバーを育成するための教育プログラムを作成しています。
また指導団体のプログラムに従って育成されたダイバーに「認定されたという証」としてCカードという認定証を発行します。
いわゆるブランドになります。

指導団体の違いは?

ダイビングをはじめたい!方が最初に迷われるのがこの指導団体です。
何が違うのか?・・・実は、基本的なダイビングの教育では大きな違いはありません。テキストなどは指導団体が作るため、それぞれの指導団体の考え方が盛り込まれますが、一般的にダイバーを楽しむための「レジャーダイバー」になる方にとって、それほどの大きな違いはないのです。
指導団体を選ぶのは、プロを目指す「職業ダイバー」になるときにはじめて違いが現れてきます。
特にNAUIやPADIであれば、世界中のどこでダイビングをしてもほとんど問題になることはないでしょう
またプロを目標としていても、レジャーダイバーと同じ指導団体である必要がありません。

当店は「NAUI」に所属しております。

NAUI

NAUIとは、詳しくはこちらをご確認下さい。https://www.naui.co.jp/about/

どんなレベルがあるの?

ここからは当店の所属する指導団体、NAUIのご説明になります。
他の指導団体でコース名は変わっても内容が大きく変わることはありません。

Cカードには、大きく分けて次のランクがあります。

  • NAUIスクーバダイバーコース [最大水深 18m]
    エントリーレベルのダイバーになります。
    このコースは、ダイビングの基本を学び、ダイバーとしての最低限の知識、経験を積むコースになります。
    最大水深が決められており、18mまでとなっています。
  • NAUIアドバンススクーバダイバーコース [最大水深 30m]
    さらなる経験を積むためのステップアップコースとなり、ボートダイビングやディープダイビング、ナビゲーションなど、ダイビングの基本となる様々な経験を体験します。
    一般的に、海外などでダイビングする際に、このレベルまで求められることが多いです。
  • NAUIスペシャリティダイバーコース [最大水深 40m]
    さらなる経験と実力を増すためのコースとなります。
    スペシャリティコースは、複数のジャンルに分かれたコースで、コアスペシャリティとセレクテッドスペシャリティがあり、さまざまなスキルや知識を深めます。
    レスキューコースなども、このコースの1つになります。
  • NAUIマスタースクーバダイバーコース
    プロダイバーになる前に必要となる全てのダイビングスキルを積むコースとなります。
  • NAUI CPR&First Aidコース
    ダイバーでなくとも受講可能なコースとなり、ダイビングから少し離れますが、人工呼吸やAEDなどの知識を得ることができます。